ホーム > ニュース > 本文
ラピッドプロトタイピングの現代開発動向分析
Aug 08, 2017

ビューの形成の観点から迅速な試作技術は、その部分は、 "ポイント"または "表面"オーバーレイとして見ることができます。 CAD電子モデルから「点」または「面」の幾何学情報を得た後、成形プロセスパラメータ情報と組み合わせることにより、点から面までの制御材が規則正しく正確に構成され、体に向いている。 RP技術の機械製造分野への応用は、機械的な製造分野で幅広く使用される独自の特性によるものであり、単品や少量の金属部品を製造する上でより有用である。 いくつかの特殊な複雑な部品は、わずか1つの生産、または小さなバッチの50個未満のものが一般的にRP技術直接成形、低コスト、短いサイクルを使用することができます。ラピッドプロトタイピング
私たちがラピッドプロトタイピングの使用を選択するとき、自然の使用のすべての側面でその品質のために、我々は注意を払う必要があるだけでなく、これらの品質においてある程度の注意を払う必要があります。私たちは時間を使用して効果のより良い使用を得ることができます、これらのサービス寿命のためにこれらは非常に大きなセキュリティの性質の存在です。 3D印刷技術は一連のラピッドプロトタイピング技術であり、その基本原理はXy平面のラピッドプロトタイピングマシンからワークセクション形状のスキャニングフォームまでのラミネート製造であり、一方z-座標の不連続性は変位、3次元のワークピースの最終形。 現在、市場でのラピッドプロトタイピング技術は、3DP技術、FDM溶融層形成技術、SLAステレオリソグラフィー技術、SLS選択レーザー焼結、DLPレーザー成形技術、UV紫外線成形技術に分けられます。ラピッドプロトタイピング
今この急速なプロトタイピングは高度な技術の1つであり、その使用はより良い開発を得るために技術産業を作ることができます。ラピッドプロトタイピング
現在、業界で主に使用されているラピッドプロトタイピング技術、およびいくつかの国内企業は、プロのラピッドプロトタイピングサービスを提供するような高度な技術をフォローアップし始めている、企業は高品質のラピッドプロトタイピング技術を提供するため、国内産業。 ラピッドツーリングは、ラピッドプロトタイピング技術の重要な方向性の1つです。 現在、ラピッドプロトタイピング技術を使用して迅速なツーリング製造を行うことは非常に有益です。 技術の出現以来、広く先進国の製造業界で使用されており、したがって、新しい技術分野を作り出しました。ラピッドプロトタイピング